2016年8月24日 (水)

家庭クラブによる熊本地震復興支援ボランティア活動

 8月3日(水),熊本地震復興支援を目的として,家庭クラブによる炊き出し等のボランティア活動が行われました。参加したのは,家庭クラブ1年生16名,家庭クラブOGの2年生4名。

 それに先だって,2日(火)の午前中に仕込みを行いましたが,この日はOGの3年生3名も加勢してくれました。

Img_27842 「温かい食事を提供したい」という意見で,メニューは「あんかけ焼きそば」に決まりました。CAFE家音kaonのシェフである,角屋敷 学さんの指導のもと,仕込みを行いました。

Img_27902 真剣に説明を聞く,家庭クラブの1年生。「食事を提供して避難生活をしている方を笑顔にしたい」,「自分たちの作ったものを食べてもらって元気をだしてほしい」,と話していました。

Img_27942 材料は国分産の野菜を中心に,豚肉,鶏肉も入り,栄養たっぷりです。

Img_28082 大量の野菜やお肉をカットしていきます。

Img_28052 男子も,もやしの尻尾取りなどを頑張りました。

 炒めて,味をつけ,できたら冷まして袋に入れ,冷凍して保存しました。

 さあ8月3日,炊き出し当日。7:50に学校を出発し,10:30に熊本県熊本市益城町保健福祉センターに到着。周辺はブルーシートの屋根が目立ちました。益城町保健福祉センターには,150名くらいの方が避難生活をしておられます。住み慣れた土地を離れたくない,仮設住宅はまだ建設が遅れているなどの理由で,高齢者の方が多いそうです。

Photo 男子は主に力仕事。皆さんに配布するための水を運んでいます。

Photo_2 ペットボトル入りの水の配布準備。

Photo あんかけ焼きそばの準備も順調です。冷凍していた「あん」を解凍しています。

Photo_2 麺や皿の準備も着々と進んでいます。

Photo_3 おいしそうです。でも何か足りないような…。

Photo_4 なるほど,もやしは冷凍すると食感が悪くなるので,最後に入れるのですね。さあこれで「あん」も完成です。

Photo_3 パリパリの麺に,あんをかけていきます。

Photo_5 皆さんに喜んでいただけるでしょうか。

Photo_7 多くの方に食べていただき,「野菜がたくさん食べられて良かった」,「おいしかった」,「高校生の元気をもらった」など,うれしい言葉をいただきました。

Photo_10 午後は、ボランティアセンターにある支援物資の片付けをしました。震災後,たくさん届いた紙おむつやティシュペーパーなど,その他たくさんの段ボールの仕分けをしました。支援が必要な所に届くといいなと思います。

Photo_11 「益城町はまだ復興が進んでおらず,倒壊した家や建物がそのままで,困っている人はまだ多くいると感じました。今後も引き続き,鹿児島にいてもできる活動を続けていきたいと思います。」

 家庭クラブの皆さん,これからも頑張ってください。

 なお,今回の熊本地震復興支援ボランティア活動の様子は,8月25日(木)午後4時から放送されるKTS鹿児島テレビ「かごニュー」の中で紹介される予定です。ぜひご覧ください。

2016年8月23日 (火)

中学生の一日体験入学

8月22日(月)の午前中,中学生の一日体験入学が行われました。別会場では,同時に保護者向け説明会も開かれました。今年は538名の中学3年生と,190名の保護者が参加してくださいました。

Photo 校長挨拶。中学生の皆さんがビシッと並んでいます。

Photo_2 生徒会による,動画を用いた学校紹介。

Photo_3 理数科の活動紹介。3年生の課題研究数学班が,研究内容を紹介してくれました。

Photo_4 こちらは保護者向け説明会。学校で一番大きな教室である被服室が,ほぼ満員状態でした。学校の概要説明,高校入試について,卒業生の進路先について等の説明がありました。

Photo_5 卒業生3名による体験談は,大変好評だったようです。

 説明会に続いて,メインである体験学習の時間。保護者の皆さんにも授業参観をいしていただきました。14の講座が開かれましたが,ここでは一部のみ紹介します。 

A2 国語科 「高校国語入門」 ※他に「高校入試の問題を解いてみよう」

B1 数学科 「高校入試を解こう!(3講座)」

C2 地歴公民科 「選挙制度のしくみ」 ※地歴公民科では他に,「最近のイスラーム情勢の歴史的背景」,「地形図で見る霧島市」の2講座も実施されました。

D2 理科 「銀鏡反応実験(化学分野)」 小さな瓶の内面が鏡のようになりました。 ※理科では他に「“音”を観る。感じる(物理分野)」,「DNAを見てみよう!(生物分野)」の2講座も実施されました。

E1 英語科 「高校英語を体験しよう!(3講座)」

 体験学習終了後は,部活動見学と,理数科説明会が同時進行で行われました。部活動見学について,一部紹介します。

Photo_4 剣道部。 熱心に見学してくれています。

Photo_6 サッカー部。多くの中学生が見学に来ていました。

Photo_9 理数科説明会。まずは理数科主任による,概要説明。

Photo_10 3年生の課題研究昆虫班による,課題研究紹介。「屋久島方言で鳴くツクツクボウシの研究」 質問も多く出されました。「研究に使ったセミは,その後どうするんですか?(中学生)」「このようにきちんと標本にして,発表の際に展示して活用しています。」

Photo_11 質疑応答の時間は,多くの質問が出て,大変盛り上がり,時間をオーバーしてしまいました。終了後も職員や生徒に質問が多く寄せられ,多くの方が理数科に興味を持ってくださったようです。参加者も50家族を超え,ここ数年では最も多くなりました。

 体験入学に参加してくださった皆さん,ありがとうございました。高校生活が楽しみになったのではないでしょうか?しっかり勉強して,3月にはぜひ国分高校を受験してください。頼りになる先生方と,優しい先輩方が待っています。

2016年8月19日 (金)

夏の理数科活動報告⑤ ~広島総文祭~

 今年の全国高等学校総合文化祭は,広島県で開催されました。自然科学部門は,広島大学(東広島市)を会場に,7月30日(土)~8月1日(月)の日程で行われました。

Dsc_05022 1日目(7月30日),開会式は午後からなので,午前中に,世界遺産でもある宮島の厳島神社に行き,発表の成功をお祈りしました。海の中に立つ大鳥居をイメージしていたのですが,ちょうど干潮で,鳥居の下まで歩いて行けました。

Dsc_05372 ポスター発表審査の様子。ピリピリした雰囲気で,近づいて写真を撮れる状況ではありませんでした。

Dsc_05382 普段は4分以内に収まっていましたが,本番は発表時間の4分を超えてしまい,あと10秒というところで打ち切られてしまいました。一番肝心な最後のまとめは言えずじまい…。質疑応答の部分はしっかり答えられました。

Dsc_05452 一日目の審査,発表を終えて,一応記念撮影。ちょっと不本意な発表になりましたが,翌日もう一度審査があるので,巻き返しを狙っています。

Dsc_05592 宿舎が原爆ドームや平和記念公園のすぐ近くだったので,夕食後に見学に行きました。ライトアップされた原爆ドームは,恐ろしさの中にも荘厳な雰囲気を感じました。

Dsc_06012 ポスター発表2日目(7月31日),審査のない時間帯は,引率の先生や高校生,大学の先生方が発表を聞きに来てくれました。写真はツクツクボウシのミトコンドリアDNAの塩基配列を比較(32個体分)したサブポスターについて説明している様子。色の付いた部分が変異が見られる部分です。

Dsc_06072 2回目の審査の様子。4分間で質疑応答のみ。今回は満足のいく発表だったようです。やっぱり近づいて写真を撮れる雰囲気ではありません。

Dsc_06092 全ての審査と発表を終えて。秘密兵器(と思っている)サブポスターやツクツクボウシの標本も置き,許されたスペースを有効に使い切ったポスター展示になりました。聞いてくださった方たちの反応もよく,手応えを感じたようで,やりきったという顔をしています。

Dsc_06342 2日目の午後は記念講演会と生徒交流会。交流会では,クイズ大会を通して他県の高校生たちとも話ができたようです。ユニフォームの黒いポロシャツが目立っていますが,かっこいいと好評だったようです。背中の文字は,やっぱり「NO SCIENCE, NO LIFE」

Dsc_06572 3日目(8月1日),午前中は広島大学のキャンパス内での巡検。国分高校はC-1コース。まずは両生類研究施設を見学。写真は,世界中に提供しているという新たな実験動物 「ネッタイツメガエル」の数の多さに,ちょっと引いている様子。

 広島大学の広大なキャンパスの中にある「発見の小径(こみち)」という名の森を歩いた後は,広島大学総合博物館を見学。

Dsc_07022 昼食をはさんで,いよいよ表彰式。みんな緊張しています。

Dsc_07112 「ポスター部門奨励賞 鹿児島県立国分高校 屋久島方言で鳴くツクツクボウシの正体を探る!」 呼ばれたときは,やった!と,心の中で小さくガッツポーズをしました。同時に,上の賞を逃したという悔しさも半分…。生徒たちも同じ気持ちだったでしょう。

Dsc_07192

 昨年は自信を持って臨んだ口頭発表(生物部門)で入賞を逃し,生徒たち(平28年3月の卒業生)は放心状態で閉会式を迎えましたが,今年はより上位に位置づけられるポスター部門での入賞(ベスト8)を果たし,ある程度満足のいく大会となりました。来年は研究を引き継いだ2年生が,文部科学大臣賞(1校)や文化庁長官賞(2校)を目指して,また頑張ってくれることでしょう。目指せ全国制覇!

 ちなみにユニフォームのポロシャツはの背中には,「NO SCIENCE, NO LIFE」の他に,「Kokubu High School Kagoshima, JAPAN」 と書いてあります。全国制覇の次は世界大会です。頑張れ国分高校理数科!

夏の理数科活動報告④ ~中国四国九州理数科大会~

 7月28日(木)~29日(金),徳島市で,中国四国九州地区理数科高等学校課題研究発表大会(正式名称)が開かれました。16の県から理数科を有する高校が一堂に集まる大きな大会です。物理,化学,生物,地学,数学のポスター部門とステージ部門の計6部門で審査が行われます。

 国分高校からは,理数科3年生全員が,物理・化学・生物・地学の4つのポスター部門に出場しました(ステージ発表の鹿児島県代表はローテーションにより錦江湾高校)。また,2年生の各班の代表17名も見学に行きました。

Photo ポスター発表開始早々に,一番手で発表を行った地学班の審査の様子。「姶良層の研究」

Photo_2 審査員の先生方からの質問にも,的確に答えていました(地学班)。

Photo_4 物理班の審査の様子。「安息角の研究」

Photo_3 様々な演示装置を持ち込んで,効果的に発表していました。洗練されたポスターも好印象でした(物理班)。

Photo_6 生物班(昆虫班)の審査の様子。ツクツクボウシの「屋久島方言」という表現がウケて,審査中とは思えないほど和んでいます。 「確かに鳴き方が違うねえ。」

Photo_5 昆虫の「方言」に,多くの方が興味を持ってくれたようです。

Photo_7 化学班の審査の様子。「硝酸亜鉛の電気分解の研究」

Photo_8 教科書とは異なる実験結果が,新たな現象の発見に繋がるかもしれません(化学班)。

Photo_9 1日目のポスター発表終了後は,立食形式で食事をしながらの生徒交流会。サイエンスやご当地徳島県ににまつわるクイズ大会,「阿波踊り体験」で大いに盛り上がりました。

 2日目は9時から3時までステージ発表があり,ポスター交流会の後,表彰式が行われました。しっかりした研究をして,自分たちが面白いと思ったことを皆さんに伝えることができれば十分,と思いながらも,審査結果の発表は毎回ドキドキします。果たして結果は…。

Photo_10 生物班(昆虫班)が生物ポスター部門で最優秀賞!

Photo_11 地学班も地学ポスター部門で最優秀賞!!

Photo_12 閉会式終了後,参加した国分高校理数科生徒全員で記念写真。

 昨年は,ステージ部門,生物ポスター部門,地学ポスター部門の3部門で優秀賞(2位)でしたが,今年は2部門で最優秀賞を受賞しました(2冠達成は国分高校のみ)。今年も国分高校理数科大活躍の大会となりました。見学した2年生の皆さん,来年の岡山大会でも頑張ってください。

夏の理数科活動報告③ ~サイエンス研修(2年)~

 7月25日(月),理数科2年生のサイエンス研修が行われました。昨年までは,崇城大学,九州大学を訪問し,特別講義を受講したり,研究室を見学したりしましたが,今年は鹿児島大学で6つの班に分かれて,大学の先生方から,理数科課題研究への指導や助言をいただきました。

 ここでは農学部生物生産学科の坂巻祥孝准教授にご指導いただいた,ツクツクボウシ班とカワゴケミズメイガ班の様子を紹介します。

Dsc_02682 午前中は,ツクツクボウシ班の代表が,研究の概要と,今後の研究計画を発表。坂巻先生から,「じゃま鳴き」に関する大変貴重なアドバイスをいただきました。

Dsc_02802 昼食を挟んで午後はカワゴケミズメイガ班の発表。

Dsc_02652 坂巻先生は,「微小蛾」の専門家で,学研の「日本産蛾類標準図鑑」の執筆にも携わっておられます。

Dsc_03032 坂巻先生所蔵のカワゴケミズメイガの標本を実見中。

 「うわっ,ちっちゃ!」,「産地による違いがある?」,「全く違いがわからん!」

 さあこれからの研究が楽しみです。

 他の班も,先生方から多くの助言をいただき,今後の研究に向けて大いに参考になったようです。

2016年8月18日 (木)

夏の理数科活動報告② ~サイエンス研修(1年)~

 7月22日(金),理数科の特別活動として,1年生のサイエンス研修が行われました。天降川流域の自然観察を通して科学的自然観を養い,課題研究に向けた素地を育成するのが目的です。

Dsc_00272 岩戸では,姶良層・阿多火砕流堆積物・岩戸火砕流堆積物を観察しました。講師は,鹿児島大学名誉教授の大木公彦先生。      

Dsc_00372 普段,何気なく見ている崖も,その歴史がわかると見る目もかわってきます。ちなみに,生徒たちが着ているのは,文化祭で作ったクラスTシャツ。「NO SCIENCE, NO LIFE」

Dsc_00622 大木先生の説明はとてもわかりやすく,みんな真剣に話を聞いています。時々先生から質問が飛んで来るので,油断は禁物です。

Dsc_00842 新川渓谷では,加久籐火砕流堆積物を観察し,地学班は川岸の甌穴のサイズを測定しました。「深さ○○cm,長径○○cm!」

Dsc_00862 12月の校内課題研究発表会で,「甌穴のでき方」について発表することを目標に,炎天下,頑張って測定する地学班。写真中央は,同行してくださった霧島ジオパーク専門員の石川徹先生。

Dsc_00882 地学班の測定終了後,引率・同行の先生方も一緒に記念写真。

Dsc_00962 大出水の湧水では,毎分22.5tの清水が岩穴から絶え間なく湧き出す様子を観察。思わず吸い込まれそうになりました。水温は1年を通じて15度前後だそうです。 

Dsc_01042 昼食後,生物班は周辺で水生生物の観察。目標だったコオニヤンマやコヤマトンボのヤゴは見つけられませんでしたが,岩の下でタカハヤ(川魚)の稚魚を採集!

Dsc_01122 化学班は,水温や水質の調査。

Dsc_01252 最後は,鹿児島神宮の裏手にある宮坂貝塚を観察し,第4期の地質について学習しました。「貝塚があるということは,昔ここが海岸近くだったことを示しています。今から6~7千年前は海水面が今より6mほど高く海岸線が今より3kmほど内陸にあったんです。」

Dsc_01362 説明終了後も,大木先生のへの質問が続きました。

Dsc_01402 当日は南日本新聞とFMきりしまの取材もありました。写真はFMきりしまに生出演中!

 南日本新聞には,7月29日に掲載されました。

 多くのことを学び,様々な面で興味を喚起されたのではないでしょうか。とても有意義な研修になったと思います。1年生から課題研究をスタートする生徒も出てくるかもしれませんね。

夏の理数科活動報告① ~日本霊長類学会~

 夏季休業中,理数科ではサイエンス研修や大きな発表会が続いたので,シリーズで紹介していきます。

 まずは7月15日(金)~17日(日),鹿児島大学で行われた,第32回日本霊長類学会鹿児島大会。7月16日(土)には中高生によるポスター発表が行われ,県内外(愛知,熊本,東京,大阪,千葉,大分,京都,岐阜,鹿児島)から,16チームが参加しました。中高生ポスター発表に関しては,霊長類研究に限らず参加できるため,サイエンス部昆虫班の3年生4名が,「屋久島方言で鳴くツクツクボウシの正体を探る!」というテーマで発表しました。

Img_28612 多くの方々が,熱心に説明を聞いてくださいました。

2 ゴリラ研究の第一人者でもある京都大学総長の山極壽一先生をはじめ,多くの先生方から,「鳴き声,形態,DNAの全てを調べていて,レベルの高い研究」との高い評価をいただき,審査の結果,最優秀賞をいただきました!

 一方,「進化のプロセスについて,もっと考察が必要。」との指摘もいただきました。その点については,研究を引き継いでいる2年生に期待しましょう。 

Img_28663_2 発表の様子は,南日本新聞でも紹介されました。

 中国四国九州理数科大会,全国総文祭に向けて,大きな自信になったと思います。

2016年8月 5日 (金)

心肺蘇生法講習会

 7月21日(木),夏季補習1日目の午後,霧島市消防局の隊員の方々を講師に迎え,体育系部活動の代表と希望者を対象に,心肺蘇生法講習会が開かれました。

Img_27532 まずは,心臓マッサージやAED(自動体外式除細動器)の使い方について,説明していただきました。

Img_27582 みんな真剣です。

Img_27562 それでは模型を使って,実際に心臓マッサージをやってみましょう!

Img_27442_2 両手の組み方もバッチリです。

 もし,目の前に助けを必要としている人がいたら,今日の講習を思い出し,勇気を持って行動しましょう!

2016年7月25日 (月)

1学期終業式

7月20日(水)午後,1学期の終業式が行われました。

Dsc_00942校長式辞 

 最初に,直近の南日本新聞の本校関係記事3本を取り上げ,国分高校が「どんな学校で,どんな生徒達がいて,どんなことをしているのか」を情報発信することの大切さを説き,本校生一人ひとりが学問や読書,部活動に懸命に向き合う姿と,人として持つべきモラルの実践こそが,最も大きな地域への情報発信であり,国分魂にある「地域に信頼される」ことに繋がるとの講話がありました。

 そして,3年生へ「狭き門より入る」ため,妥協なき努力をしているか,「来年の今頃はどこにいて何をしている」という具体的イメージをしっかりつくり,身体を壊す一歩手前まで,「最後の最後まで自分の居場所探し」(H28桜蔭塾 津曲俊行様講話より)を,頑張りぬいて欲しい,等々各学年にエールを贈りました。

 最後に,国分高生,「無理,無理」と言わず,低い天井など突き破って,夏休み一段と成長し,2学期開始式には,ぐっと成長した君たちに会える事を楽しみにしている,と結びました。

Dsc_00982_3 音楽の先生の生演奏による,校歌斉唱

 1学期が終わり,夏季補習が始まっています。8:30 登校,8:40 1限目開始です。3年生にとっては,受験を前にした勝負の夏になります。生活のリズムを整え,暑さに負けず,大事な夏を乗り切りましょう!

 また,全学年,三者面談も始まっています。保護者の皆様,よろしくお願いします。

2016年7月21日 (木)

全国高等学校総合文化祭(広島総文祭)壮行会

 7月20日(水),1学期終業式に先立って,7月30日から行われる広島総文祭の壮行会が行われました。写真部2名が写真部門に,サイエンス部4名が自然科学部門に出場します。

 写真部は,昨年12月の県高校写真展で高文連賞に輝き,サイエンス部昆虫班は昨年11月の県生徒理科研究発表大会の生物部門で最優秀賞を受賞して,それぞれ全国大会の切符を手にしました。

Dsc_00892生徒会長激励の言葉

 「写真部の皆さんには,いつも各行事の写真撮影をお願いしており、その作品はどれも素晴らしいものばかりです。今回の作品も,見る人にたくさんの感動を与えられるものと思います。

 サイエンス部の皆さんは,この大会のために,研究を積み重ね,見る人にわかりやすく伝える努力をしてこられたと思います。その成果を全力で発揮してきて下さい。」

Dsc_00912 その後,両部の代表が,大会に向けての意気込みを語りました。

 「これまでの練習や準備の成果を発揮できるよう,頑張ってきます!」

 全国の舞台でも,入賞できるといいですね。大舞台ですが,固くなりすぎず,緊張感を楽しむくらいのつもりで行ってきてください。