• 2020年01月23日(木)

    令和元年度 2月行事予定表

    2月行事予定表を掲載します。

    2月行事予定表[PDF:64KB]

     

     

  • 2020年01月06日(月)

    令和2年度 北関東総体カウントダウンイベントに参加

    11月9日(土),令和2年度「魅せろ躍動 北関東総体2020」のカウントダウンイベントが群馬県前橋市のけやきウォークで行われ,本校生徒会長で,年度の南九州高校総体 高校生活動推進委員会副委員長の平さんも参加しました。

    PB090765

     

    朝のリハーサルのあと,ランチミーティング。群馬県の定番「とり飯弁当」を食べながら,北関東の高校生にこれからの活動についてアドバイスをしました大変だったことや,やって良かったことなど和気あいあいと話しながらしっかりと伝授していました。 

    1

     

    地元群馬テレビのインタビューも受けました。

    2

     

    カウントダウンイベントでは,南部九州4県の代表としてあいさつを行いました。「高校生活動ではたくさんの出会いがありました。北関東の皆さん,頑張ってください。」 

    3

     

    そして友情の花の種の伝達式。この花の種は1977年の岡山大会から引き継がれています。昨年度行われた東海総体から引き継いだ花の種を南九州4県から北関東へと引き継ぎます。

    4

     

    さらに,令和3年度に実施される北陸総体のために視察に来ていた福井県の担当者からも聞き取りインタビューがありました。

    IMG_9830

    PB090758

     

    生徒会長の平さんは,一昨年度 高校生活動推進委員会の発足時から副委員長に就任し,中部総体カウントダウンイベントの視察から昨年度のカウントダウンイベントの実施,そして今年度の南部九州総体での総合開会式の演出などを,鹿児島県の高校生の代表として行いました。その活動もこれですべて終了です。お疲れ様でした!

  • 2020年01月06日(月)

    グローバル サイエンティスト アワード ”夢の翼”で普通科生徒が入賞!

    10月27日(日),城山観光ホテルでホテルで行われた「グローバル サイエンティスト アワード ”夢の翼”」に普通科2年自主ゼミの3班が出場しました。

    抜け殻班,「セミの抜け殻は語る」。校内のセミの抜け殻をすべて採集し,種類や雌雄による発生消長の違いやセミの羽化数と気象条件との関係を調べました。IMG_3811

    シジミ班,「国分平野はほぼ占領?」。国分平野における外来種タイワンシジミの分布,生息状況について調べました。IMG_3812

    雑草班,「ヒトの影響を大きく受けている場所の外来植物」。近くの国分寺跡(400m)における外来植物の現状について調べました。IMG_3816

    表彰式。

    抜け殻班が「株式会社ソラシドエアー賞」を受賞しました。前列右から4番目ですね。おめでとうございます。夏の盛りに毎日1時間以上かけて校内のセミの抜け殻を全て採集するという大変な作業が報われましたね。

    IMG_3823

    まだまだ経験は浅いですが,このような発表会を通してプレゼン力がどんどん向上しているのが分かります。入賞できなかったチームにとってもいい経験になりました。IMG_3828

    国分高校SSH事業の要である普通科課題研究にとっても,大きな一歩になりました。

  • 2020年01月06日(月)

    読売学生科学賞

    11月3日(日),鹿児島市立科学館で日本学生科学賞 鹿児島県審査の表彰式が行われました。

    理数科サイエンス部3年生物班のヤクシマエゾゼミの研究が「鹿児島県知事賞」を受賞しました。おめでとうございます!P1000057

    昨年のヤクシマエンマコガネの研究に続いて連続の受賞になりました。上位入賞の研究は,このあと中央審査に進みます。

    P1000063-3

    ※11月16~17日に中央審査が行われました。残念ながらヤクシマエゾゼミの研究は入賞を逃しましたが,中学校の部で川辺中学校が中央審査を勝ち抜いて最終審査(東京 科学未来館)に進出し,入選1等を受賞したそうです。おめでとうございます!

  • 2019年12月27日(金)

    学校保健委員会

    12月5日,学校医・学校歯科医・PTA・学校関係職員・生徒保健委員が参加して,学校保健委員会が開催されました。

    会の中で,生徒保健委員会が「防災について考える」というテーマで発表を行いました。DSC_0217

    今年も,九州北部豪雨,関東・甲信越地方を中心とした台風15号・19号の災害による甚大な被害のニュースに心を痛めました。同時に,私たちも地震や台風,その他予想しない災害への備えはできているのか?と考えさせられます。常に一人一人が「いつ・どこで被災してもおかしくない。自分の身は自分で守る!」という意識を持っておかなければなりません。

    生徒保健委員会では,冬休みを前に防災について全生徒・職員が学校や家庭で少しでも考え・話し合う機会を持ってほしいと思い,掲示物作成を行いました。

    1 避難所の確認について

    霧島市を例に避難所の確認をしてみました。市役所安心安全課より住民各世帯に防災マップを配っており,学校周辺にも1カ所避難所があることがわかりました。市役所の方の話から,避難所へ避難する際は1人2日分くらいの食料や飲料水は準備して避難してほしい,避難所へ支援物資等が届くのはだいたい3日目くらいからだと言われました。そのほかの自治体でも同様で,HPでもみることができます。

    DSC_0220

    2 非常食(ローリングストック)について

    最近農林水産省や日本気象協会等でも勧めている,食料・飲料水のローリングストックという備蓄方法です。

    ローリングストックとは,普段から少し多めに食材、加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法です。大手のスーパーや企業のHPでも,「3日間ローリングストックセット」の紹介や販売もしています。自宅でも日常良く使うような食材・加工品を集めたコーナーを作っておき,消費しては補給するというような習慣を作っておくと慌てなずにすみますね。

    3 家族で防災会議

     もうすぐ冬休みですが,年末年始の家族が集まる機会に,防災について家族の行動,避難所,避難経路,連絡方法等を決めておいてください。

     話し合いの内容としては,

     ・家の中はどこが一番安全か

     ・医薬品や防災用品の備え

     ・避難するところや経路

     ・避難時に誰が何を持ち出すか,どこにおいてあるか。

     ・家族間の連絡方法と最終的な集合場所  

     ・昼間 や夜間の場合の避難方法など。

     それぞれの家庭状況に合った大切な事を話しておいてください。

    4 簡単なトイレの作り方の紹介

    大事だけれど忘れがちなのがトイレの事だそうです。災害が起こった場合,自宅や避難所のトイレが使用できなくなることも多々あるそうです。この新聞紙で作った箱を何枚か作っておくと,使い捨てトイレになるので参考までに。

    DSC_0223

    保健委員の皆さんポスター作製,発表等お疲れさまでした。これからも頑張ってください。なお掲載したポスターは保健室前に掲示してあります。

  • 2019年12月26日(木)

    3年生を送る会・芸術鑑賞会

    10月29日(火),霧島市民会館で3年生を送る会と芸術鑑賞会が行われました。今年は「学校寄席」です。

    校長挨拶。

    DSC_0270

    生徒会長挨拶。

    DSC_0279

    生徒会から3年生にメッセージボードが送られました。先生方や各部活動からのメッセージが丸い紙に書かれています。DSC_0280

    3年生お礼の言葉。この角度から見るとメッセージボードの丸い紙で「キバレ」の文字が描かれているのが分かりますね。DSC_0285

    本当はここで生徒会作成のムービーを上映する予定でしたが,危機の不調で上映できず。残念!

    1つ目の演目は桂文三さんによる「寄席入門」。噺の種類(滑稽噺,人情噺 等),小道具等について教えていただきました。DSC_0292

    2つ目の演目は春風亭昇々さんによる落語。売り出し中の若手イケメン落語家さんです。あの春風亭昇太さんのお弟子さんです。DSC_0298

    3つ目の演目は桂文三さんによる上方落語「転失気(てんしき)」。「てんしき」がまさか「お〇ら」だったとは!DSC_0321

    お仲入り(休憩)をはさんで4つ目の演目は林家正楽さんによる紙切り。体をゆすりながら楽しいトークを交えながら,サクサクと切っていきます。DSC_0327

    これはだれが見ても「鶏とひよこ」ですね。すごい技です。

    DSC_0343

    後半は客席からのリクエストに応えて切り,プレゼント。欲しかったなあ。

    DSC_0358

    最後の演目は瀧川鯉昇さんによる「時そば」。おなじみの噺ではありますが,扇子が箸に見え,お椀から口に吸いこまれるそばが見える気がしました。芸を磨くとはこういうことかと思いました。DSC_0369

    生徒会からのお礼の言葉と花束贈呈。楽しいひと時をありがとうございました。とても勉強になりました。DSC_0383

    機器の不調も直り,最後に生徒会作成のムービーを上映することができました。3年生のこれまでの歩みや学校行事等での頑張りがよくわかりました。生徒会の皆さん,盛り上がってよかったですね。DSC_0386

    受験に向かう3年生にとっては素晴らしい激励になったのではないでしょうか。

  • 2019年12月25日(水)

    体育祭番外編 ~裏方さん達にも注目~

    9月8日(土)に行われた体育祭の「番外編」です。本編はHPをご覧ください。番外編はPTA広報部の皆さんの写真を提供していただき,裏方の生徒達の活躍にも注目して国分高校の体育祭を振り返りたいと思います。

    今年の体育祭は早朝のこんな光景から始まりました。おもりをつけていたにもかかわらず,テントがひっくり返っていました。風の力ってすごいです!6

    雨は上がっていて日も照ってきましたが,グラウンドが水浸しです。部活動性を中心にグラウンドを整えていきます。7

    水のたまったところに土を入れていく部隊です。土は足りますか?

    8

    心配そうな首脳陣。2年連続の雨の体育祭に楠元校長が一言,「雨男がいるんじゃないの?」。さあ誰でしょうか。25

    さあグラウンドもある程度整い,体育祭開会です。33

    ところが校長先生のあいさつの途中で雨がぱらつき始めました。「実は雨男は・・・・」と心の中でみんなが思いました。

    選手宣誓。このあたりで一旦やんだのですが…, 12

    準備運動のころには結構な雨になりました。24

    9

    すでに靴はびしょ濡れです。

    10

    100m走(女子)。1年生がぶっちぎりの1位でした。ゴールテープや審判,計時,記録の生徒たちにも注目です。

    4

    計時はハンドボール部の担当のようですね。まだ楽しそうです。

    15

    女の闘い,竹取物語。できれば乾いたグラウンドでやりたいところですが,世の中は甘くありません。

    5

    こちらは卓球部・剣道部が担当した警備係の様子です。生徒の応援席の部分は生徒職員以外は立ち入り禁止です。皆さんが協力してくださったおかげで特に問題は起こりませんでしたが,ここにずっといなくてはならないのが大変ですね。本当にお疲れ様です。17

    男子徒競走。直線の部分はまだいいのですが…,19

    魔のカーブでは転倒者続出…。やっている方は大変,見ている方は楽しい瞬間です。20

    応援にも熱が入ります。はじける笑顔がすばらしい。

    50

    本部席では放送係(放送物理部),集計係(ダンス部)の生徒たちが頑張っています。総括のH先生は顔にも気合がみなぎっています。21

    学級対抗リレー(2年)。まさに,ゴールの決定的瞬間です。

    40

    審判係(バスケットボール部)の生徒が,ゴールテープが汚れないよう急いで巻き取っています。えらい!16

    給水係(バドミントン部)も大活躍でした。みんなを熱中症から守る大切な仕事です。23

    バラエティーリレー。用具係(野球部)が軽々と準備していますが,1つ20kgあります。49

    タイや引きは,重いけど引く距離が短いものと軽いけど距離が長いものがあります。選ぶのは君だ!赤い帽子の監察係(バレーボール部)にも注目です。2

    三人四脚の真ん中はどう考えても怖そうです。両側の二人を信頼して身を任せるしかありません。くれぐれも転ばないようにしてください。41

    バラエティーリレー男子。これは軽いものですね。ずっと先に重いものが見えます。

    3

    アンカーはムカデなのですが,この3年生チームはムカデ走りをあきらめ,横っ飛び作戦に切り替えました。1・2年生のよいこの皆さん,マネしないように。38

    多くの生徒が選手か役員で出払っていて応援席は結構空いています。後ろでは招集・編成係(水泳部,ソフトテニス部,ラグビー部)が次の種目の選手を集めています。37

    応援合戦。青軍,1年生。

    45

    46

    黄軍,2年生。

    13

    14

    紅軍,3年生。

    47

    48

    その勇姿を撮影する広報係(写真部)の生徒。

    22

    体育館では得点掲示係(男子バスケットボール部)が午前中の途中経過を掲示する準備をしています。重くて大変だったようです。怪我がないよう十分注意してください。1

    昼食をはさんで,午後は部活動紹介からスタートです。

    入場行進の伴奏はもちろん音楽部。18

    それぞれの部活動のユニフォームやそろいのTシャツを着て,道具をもって行進しました。30

    その後グラウンド全体に広がってパフォーマンス。この時間は立入禁止区域を解除して保護者の皆さんにも一番いい場所で写真を撮っていただきました。32

    さすがに泳げなかった水泳部は円陣を組んで何やら掛け声をかけています。応援練習かな?31

    そのままの格好で部活道対抗リレー(女子)。先輩たちを立てて控えに回った後輩たちが見守っています。ハンドボール部,速いようです。29

    部活道対抗リレー(男子)。ここを勝ち抜くのは大変です。スタートはバスケットボール部が飛び出しました。27

    ハンドボール部が陸上部を押さえて1位!これは番狂わせです!

    28

    PTA・同窓会・職員による輪回しリレー。ただでさえうまく回せないのに水たまりとぬかるみが追い打ちをかけます。生徒からの黄色い声援に我を忘れてハッスルする先生が続出でした。26

    男子による綱引き。写真は1年生。

    36

    こちらは2年生。顔で引いています。

    43

    3年生によるフォークダンス。いいですね。青春の1ページ。はじける笑顔が最高です。

    35

    42

    学級対抗リレー決勝(女子)。

    44

    長縄跳び。クラスの和が問われます。やけに楽しそうに飛んでいるのは年2組でしょうか?39

    競技の部の優勝は2年生でした。2年生を最後まで苦しめ,3年生を大きく上回った1年生の頑張りも目立ちました。大仕事を終えた得点掲示係(男子バスケットボール部)の皆さんお疲れ様です。34

    PTA新聞との連動企画「体育祭番外編」,いかがだったでしょうか。改めて1ページ1ページが思い出されて,最高の体育祭だったなと実感します。今後もいろんな係と連携して国分高校の様子を楽しくお伝えしていきたいと思います。ありがとうございました。

  • 2019年12月25日(水)

    令和元年度 1月行事予定表 及び 年間行事予定表(3学期)

    1月行事予定表及び年間行事予定表(3学期)を掲載します。

    1月行事予定表[PDF:53KB]

    年間行事予定表(3学期)[PDF:59KB]

    なお,年間行事予定表(3学期)は12月23日(月)現在の予定です。

    最新の行事予定は月ごとの行事予定表をご確認ください。

     

  • 2019年12月17日(火)

    人権・同和教育全校研修会

    12月16日(月),人権同和教育全校研修会が行われました。講師は伊集院で太鼓店を営む宮内礼二さん。演題は「誇りをもって生きる」。宮内さんは部落解放同盟鹿児島県連合会書記次長としても活動されています。

    まずは自己紹介ですが,いつもの講演会と雰囲気が違います。宮内さんが生徒の列の中に入っているように見えるためです。DSC_0057

    実はこのように生徒の列の真ん中が空けられていて,宮内さんの作業台が置かれていたためです。太鼓作りの実演をしながら,これまでの経歴や太鼓作りにかける思い,子どもたちからかけられた言葉等について話されました。

    DSC_0062

    経験したことのない位置関係も新鮮で,生徒たちの顔も生き生きとしています。DSC_0063

    手際のよい太鼓作りの技にも興味津々です。

    DSC_0068

    全然違う方を見ている生徒もいるじゃないかと思うかもしれませんが,さにあらず。宮内さんの手元がビデオで撮影され,スクリーンに映し出されているのです。DSC_0071

    途中で質問タイムもありました。

    DSC_0078

    昔テレビで放映された太鼓作りの番組の一部も上映されました。出演したのは宮内さんのお父さんだそうです。DSC_0080

    ペラペラでふにゃふにゃだった牛の皮が,ピンと張られ,さらに乾燥することでいい音が鳴るようになります。DSC_0087

    講演終了後は宮内さんの周りに生徒たちが大挙して押しかけました。講演会の後に講師の先生がこんなに囲まれるのを初めてみました。DSC_0097

    太鼓をたたいてみたり,においをかいだり,余った皮を触ってみたり…。君たちは終礼は大丈夫?DSC_0100

    体育館後方には牛1頭分の皮が広げられていました。これが太鼓になっていくんですね。DSC_0103

    牛の皮を使うことで,太鼓作りは残酷な仕事と誤解されることもあるそうです。実際は余った皮を無駄にしないよう,命を無駄にしないよう有効に使っているのに。

    差別の根底にあるのは,無知や誤解なのかもしれません。「聞いたことやうわさなど表面的な知識で誤解してそれが差別につながる。いろいろなことを正しく知って自分の頭で考えることが大事です。」という宮内さんの言葉は重みがありました。

    宮内さん,貴重なお話をありがとうございました。

  • 2019年12月11日(水)

    令和2年度 入学者選抜募集要項及び推薦書

    令和2年度 入学者選抜募集要項(推薦入学者選抜・帰国生徒等特別入学者選抜・一般入学者選抜)を掲載します。

    また,推薦書(一太郎・ワード)も掲載しますので,ダウンロードしてお使いください。

    ※ 推薦書は,普通科と理数科で一部異なる点がありますので,必ず該当学科のものをお使いください。

    【募集要項】

    令和2年度 推薦入学者選抜募集要項[PDF:129KB]

    令和2年度 帰国生徒等特別入学者選抜募集要項[PDF:130KB]

    令和2年度 一般入学者選抜募集要項[PDF:142KB]

    【推薦書】

    推薦書(普通科)【一太郎】[JTD:32KB]

    推薦書(普通科)【ワード】[DOC:31KB]

    推薦書(理数科)【一太郎】[JTD:28KB]

    推薦書(理数科)【ワード】[DOC:31KB]