9 理数科

  • 2020年09月02日(水)

    一昨年に続く入賞! SSH生徒研究発表会報告

    お知らせ

    令和2年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会において,理数科生物班の「出水市に侵入したリュウキュウアブラゼミはどこから来たのか」の研究が「SSH奨励賞」を受賞しました。一昨年の全国1位(文科大臣表彰)には及びませんが,全国ベスト12に相当する好成績です。

    それでは,そこに至るまでの過程を簡単にご紹介します。

    7月21日(火),発表要旨(和文・英文)とポスター発表の動画(5分)を事務局に送付しました。本来なら神戸で一堂に会してポスター発表のはずだったのですが,コロナの影響で撮影した動画での一次審査となりました。ビデオ撮影は放送物理部の生徒や先生に協力してもらいました。20200716_154250-2

    その後は,絶対に2次審査に進むつもりで本気で準備を行いました。二次審査はZoomによる質疑応答20分のみ。練習のためのZoomの画面にはSSH主任のH先生が映っています。20200807_102725-2

    8月11日に動画による1次審査が行われ,12日に「一次審査通過!」の連絡がありました。

    8月15日~16日はカメラ位置やモニターの位置の調整,座り方等も含めて最後の質疑応答練習を行いました。20200817_104139

    8月17日(月),Zoomによる2次審査当日。ビデオ撮影のためにH先生が離れたところから見守っている以外は先生方もシャットアウト。

    発表直前,緊張してきました。

    IMG_4549

    さあZoomでの質疑応答の開始です。自分たちの研究の面白さや意義を,先生方に思う存分語ってください!IMG_4551

    画像はここまでです。

    論旨の部分で先生方になかなか伝わらず苦労した部分もあったようですが,なんとかいい質疑応答ができたようです。

    8月19日(水)二次審査結果(最終審査進出校)発表

    9月1日(火),最終成績発表。

    残念ながら最上位6校による最終審査に進むことはできませんでしたが,全国のSSH指定校222校の中で「今後の活躍が期待される」とされた6校に選ばれ,SSH奨励賞を受賞しました。

    テーマに選んだ出水市のリュウキュウアブラゼミの発生が9月末だったため,たった1ヶ月で研究をまとめて準備不足のまま11月の県大会に臨むことになり,九州大会や全国大会への切符をつかめず,悔しい思いをしたと思います。最後の大舞台で賞を取ることができてよかったですね。本当におめでとうございます。

    文部科学省へのリンクと,PDF資料も掲載します。ご協力いただいた皆様,ありがとうございました。

    https://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/31/08/1419945_00001.htm

    20200828-mxt_kiban01-000009630_1[PDF:252KB]

     

  • 2020年08月05日(水)

    第一工業大学で国分高校SSHドクターヘリ班への説明会

    本校のSSHの取組で,ドクターヘリ班が第一工業大学に説明を聞きに伺いました。

    以下第一工業大学のHPから引用です。

    ~~~~

    航空工学科トピックス

     8/1(土)国分高校SSHドクターヘリ班への説明会を実施   2020-08-04
     8/1(土)国分高校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)ドクターヘリ班への説明会を実施しました

     理想のドクターヘリを研究することを課題とする国分高校SSHドクターヘリ班から普通のヘリコプターとドクターヘリの構造の違い等について、話を伺いたいとの依頼があり 8/1(土)に説明会を実施しました。昨年度のSSH研究発表会の時に、何か聞きたいことがあれば連絡してくださいと名刺を渡しておいたのが今回のきっかけです。

    航空工学科/社会・地域連携センター 

    ~~~~~

    リンクを貼っておきます。ご覧ください。

    http://www.daiichi-koudai.ac.jp/topics-kouku/index.html?pid=15157&id=60888

    第一工業大学の先生方,たいへんお世話になりました。

     

     

     

  • 2020年07月22日(水)

    舞鶴フィールド研修1(理数科1年生)

    7月22日(水),理数科1年生の舞鶴フィールド研修1が行われました。バスで霧島ジオパークをめぐる研修です。

    アルコールで手を消毒してから,バスに乗り込みました。P7220012

    1カ所目は学校から20分くらいの位置にある岩戸。火砕流堆積物の地層を観察しました。講師はおなじみの大木先生(鹿児島大学名誉教授)。ブラタモリでは,タモリさんを案内された先生です。DSC_0017

    山を登るにつれて,約30万年前に北から流れてきた加久藤火砕流,約11万年前に南から来た阿多火砕流,約3万年前に目の前の巨大火山(現在の錦江湾北部)から噴出した入戸火砕流等を順に見ていくことができます。この山自体が九州南部の巨大噴火の歴史を閉じ込めた博物館と言ってもいいでしょう。DSC_0054

    DSC_0068

    大木先生は生徒たちからの質問にも丁寧に答えてくださいました。DSC_0095

    2カ所目は天降川の中流,新川渓谷。ここでは霧島ジオパークの石川先生がジオパークの説明をしてくださいました。DSC_0103

    ここの河床は加久藤火砕流によってつくられた溶結凝灰岩でできています。その溶結凝灰岩の河床をこんな石が削って作り上げたのが「甌穴」です。DSC_0115

    ここは水中に生えるカワゴケソウの生息地でもありますが,水位が高く,近くで見ることはできませんでした。DSC_0116

    きれいな甌穴です。こんな穴が無数に存在します。自然の力とともに「時間の力」みたいなものを感じます。DSC_0125

    3カ所目は横川の「大出水の湧水」。ボードをよーく見ると,「毎分22トンもの湧水」と言う文字が見えます。すごすぎてピンときません。DSC_0129

    この穴から水がすごい勢いで湧き出しています。DSC_0140

    この写真で,湧き出している様子が伝わるでしょうか?光の加減によっては奥が青く見えます。とても神秘的です。吸い込まれそうです。DSC_0183

    清流を見ながら昼食。

    DSC_0150

    しばしの休憩時間には清流に足を浸して涼みました。足だけでは気が済まなかった生徒もいるようですね。DSC_0174

    4カ所目は鹿児島神宮横の「宮坂貝塚」。

    しかしここは先日の大雨で崩壊していました。霧島市では数少ない貴重な貝塚の流失は大きな損失です。速やかに適切に調査,復元されることが望まれます。DSC_0205

    DSC_0204

    課題研究のテーマを探している理数科1年生にとって,大変有意義な研修になりました。

    大木先生,石川先生,貴重なお話をありがとうございました。

  • 2020年07月21日(火)

    舞鶴フィールド研修2(理数科2年生)

    7月21日(火),理数科2年生の舞鶴フィールド研修が行われました。例年は鹿児島大学や第一工業大学に伺って,自分たちの研究に対するアドバイスやご指導をいただくのですが,今年は新型コロナウィルス対策ということで,大学の先生方に学校まで来ていただきました。

    物理「超音波班」。第一工業大学の石元先生にご指導いただきました。IMG_5183

    IMG_5187

    IMG_5209

    物理「製鉄班(仮名)」。第一工業大学の古川先生にご指導いただきました。IMG_5205

    IMG_5206

    IMG_5207

    化学班。鹿児島大学の岡村先生にご指導いただきました。IMG_5177

    IMG_5197

    生物「カワゴケ班」。今後のカワゴケミズメイガ研究計画を練り直しました。IMG_5188

    IMG_5189

    生物「カブトムシ班」。やり尽くされていそうなカブトムシを研究対象に選ぶとはチャレンジングです。IMG_5191

    取り終わっている分のデータ整理。ある程度予想通りのグラフになったようです。IMG_5213

    地学班。鹿児島大学の大木先生にご指導いただきました。IMG_5182

    IMG_5192

    IMG_5201

    各班とも本格的な研究はまだ始まったばかりです。今日の専門の先生方との討議を経て,研究が大分深まったのではないでしょうか。

    ご指導いただいた先生方,ありがとうございました。

  • 2020年06月22日(月)

    理数科朝礼(6月)

    6月18日(木),今年初めての理数科朝礼が行われました。毎月1回の理数科朝礼は,理数科の縦のつながりを意識する機会となっています。また各学年の代表者がスピーチを行いますが,これは大勢の前で自分の意見を述べる練習になります。

    3年生のスピーチ。

    「3年生はいろいろな発表会にが中止となり,論文の提出のみになったのは残念ですが,しっかり仕上げていい形で引退できるようにしましょう。2年生はこれから理数科課題研究の中心になるので,壁にぶつかってもメンバーで協力して乗り越えていってください。1年生は課題研究の班を決めているところだと思います。班が決まったら早めにテーマを話し合い,一刻も早く研究に取りかかってください。」DSC_0002

    同じく3年生。課題研究で取り組んだハザードマップの研究について触れ,興味がある人は引き継いで欲しいと呼びかけました。DSC_0004

    2年生のスピーチ。

    「私の姉は大学の薬学部で薬剤師になるために学んでいます。どうやってなりたいものを見つけたのかと聞くと,なりたいではなく,したいことを見つけたのだと言っていました。『人を助けたい,人が健康に生きることの手伝いをしたい』と思ったそうです。私も自分のしたいことをしっかり考えて進路を決めていきたいと思います。」DSC_0006

    同じく2年生。次期生徒会長です。

    「ネイティブアメリカンの教えを紹介します。『あなたが生まれてきたとき,あなたは泣いて周りの人は笑っていたでしょう。だからあなたが死ぬときは,あなたは笑って周りの人に泣いてもらえるような,そんな人生にしましょう。』私は学校をより良くしていきたいというのはもちろんですが,後から思い出していい高校生活だったなあと思いたいし,皆さんにもそう思ってもらいたい。そのために生徒会長になりました。さらにはネイティブアメリカンの教えのような人生にしたいし,皆さんにもそんな人生を送って欲しいと思っています。これからこの国分高校を一緒につくっていきましょう。」DSC_0009

    1年生のスピーチ。部活動も本格的に再開したことについて触れ,課題研究や学習と両立しながら毎日の練習を頑張っていきたいと語りました。DSC_0011

    理数科主任のW先生のお話。

    「今日6月18日は,大森貝塚を発見したことで知られるエドワード・モースが生まれた日です。モースは明治10年に腕足類(貝類)の研究のためにアメリカから来日し,東京大学の教授として多くの研究者を育てました。東京大学の図書館の設立や多くの学会の設立にも関わり,腕足類の研究だけでなく民俗学の研究も行いました。アメリカとの学術交流にも大きく貢献しました。東京大学の礎だけでなく.明治初期の日本の科学会に大きな影響を与えたモースの人生に思いを馳せてみてください。」DSC_0014

    とても中身の濃い理数科朝礼になりました。

  • 2020年04月09日(木)

    理数科集会

    4月8日(水),放送による対面式の後,理数科の生徒は体育館に移動し,窓を全開にして理数科集会を行いました。

    理数科主任のW先生の話。

    DSC_0011

    3年生代表による歓迎の言葉。

    DSC_0017

    1年生代表挨拶。入学式後のLHRで,代表に立候補したそうです。その積極性を今後も大切にしてください。DSC_0020

    その後は課題研究の班に分かれての活動。1年生はもちろんまだ班は決まっていませんが,興味のある分野の話を聴きに行きました。

    こちらは物理班。

    DSC_0026

    情報班。

    DSC_0029

    数学班。

    DSC_0030

    生物班。

    DSC_0033

    地学班。

    DSC_0034

    化学班。

    DSC_0035

    理数科ならではの縦のつながりを大事にして欲しいと思います。

    さあ理数科1年生の皆さん,何班に入って何の研究をしますか?日常生活の中にも研究の種は転がっていますよ。アンテナをいっぱいに広げてそんな研究の種を見つけてください。

  • 2020年01月29日(水)

    令和元年度 SSH成果発表会 

    1月28日(火),SSH成果発表会が行われました。会場は高大連携をさせていただいている第一工業大学のキャンパスをお借りしました。

    第一工業大学の石元先生のご挨拶。

    DSC_0548

    国分高校SSH活動の概要説明をSSH委員会の生徒が行いました。

    DSC_0553

    舞鶴最先端研修(於 東京大学等)の報告。

    DSC_0557

    続いて普通科自主セミの課題研究発表。12月に行われた校内の発表会で上位に入った5チームが発表しました。

    まずは雑草班。「国分寺跡地の外来植物の研究」

    DSC_0560

    ジェンダー班。「女性の社会進出を阻む要因」

    DSC_0569

    口頭発表の会場となった大きな講堂は1・2年生全員約600名が座っても十分余裕があり,写真では分かりませんが後ろには保護者席もあります。全員が注目しています。DSC_0565

    茶節班。「茶節を活かした霧島包み」

    DSC_0575

    抜け殻班。「セミの抜け殻は語る~校内のセミの発生消長」

    DSC_0582

    観光班。「霧島市の活性化のためにできること」

    DSC_0587

    昼食をはさんで,午後はポスター発表。前半は2年生(1時間),後半は1年生(1時間)。

    「日本神話と火山信仰の関連性に関する考察」

    DSC_0589

    「 Youは何しに鹿児島へ?」

    DSC_0590

    「因幡の白兎」

    DSC_0591

    「スパイクの助走の歩数によるジャンプの変化について」DSC_0592

    「お茶の染色における媒染液による差」厳しくも温かいコメントをいただきました。

    DSC_0595

    「おくらの認知度と給食の関係」霧島市の職員の方たちも見に来てくださいました。DSC_0596

    「国分大根復活!~家庭の食卓へ」 試食用の漬物のかぐわしい香りが漂っていました。美味しかったですよ。DSC_0597

    「片頭痛を改善しよう!」

    DSC_0598

    「ジョロウグモの生態」

    DSC_0600

    「日本と海外の高校の違いは」

    DSC_0602

    「集中力を上げるには」

    DSC_0606

    「出水に侵入したリュウキュウアブラゼミはどこから来たのか」DSC_0607

    「蜃気楼の研究」

    DSC_0609

    「姶良市山田川河床の堆積物はどんなイベント堆積物であるか」DSC_0615

    「新しいハザードマップのカタチ」保護者や一般の方からも貴重なアドバイスをいただきました。

    DSC_0616

    「女性の社会的地位を向上させるには」 英語での質問に答えられましたか?DSC_0623

    「紙飛行機をより遠くに飛ばすには」 他校の先生方にも審査に加わっていただきました。DSC_0626

    ポスター発表のあとは再び大講義室に戻り,理数科2班の口頭発表。

    生物班。「出水に侵入したリュウキュウアブラゼミはどこから来たのか」DSC_0638

    化学班。「酢酸菌の活動変化による副産物の変化について~特産物から新たな酢を!~」DSC_0639

    国分高校のSSH活動は,理数科を中心として普通科生徒にも浸透しつつあり,非常に多くの生徒が課題研究に真剣に取り組んでいます。この取り組みが進路決定や進学後の学習,さらには将来の生き方にも生かされるよう,今後一層の努力をしていきたいと思います。

    DSC_0640

    第一工業大学の先生方,運営指導委員の先生方を始め,関係の皆様に厚く御礼申し上げます。

    保護者の皆様におかれましても,SSH活動のさらなる活性化,国分高校の活性化に向けてご助言ご指導をいただければと思います。

  • 2020年01月27日(月)

    科学リテラシー 特別授業「鹿児島の天然記念物」

    1月24日(金),理数科1年生の科学リテラシーの授業の一環として,元埋蔵文化財センター所長の寺田仁志先生に特別授業をしていただきました。寺田先生は元々は高校の生物の教員であり,県立博物館の主任学芸主事を務めたこともあります。そして現在も鹿児島県における天然記念物の指定に関わるお仕事をされています。要するに鹿児島県の天然記念物について最も詳しい方です。DSC_0535

    天然記念物指定までの流れや鹿児島県にどんな天然記念物があるかなど,詳しく教えていただきました。貴重な写真もたくさん見せていただきました。DSC_0538

    授業が終わったあとは,天然記念物カワゴケソウとそれを食べる蛾についての研究に挑戦するカワゴケソウ班が研究計画を発表し,貴重なアドバイスをいただきました。DSC_0544

    寺田先生貴重なお時間を割いていただき,ありがとうございました。

    DSC_0546

  • 2020年01月16日(木)

    理数科朝礼(1月)

    1月16日(木),1月の理数科朝礼が行われました。今回から3年生は参加しないので,1・2年生のみの朝礼になります。

    2年生のスピーチ。DSC_0471

    DSC_0473

    1年生のスピーチ。DSC_0474

    DSC_0477

    理数科主任のW先生のお話。

    南極探検で知られる白瀬矗(しらせ のぶ)の生涯に触れ,その言葉を引用して「初心忘るべからず」,「初心を貫くためには普通の人の二倍も三倍も頑張らねばならぬ。」と話されました。そして最後に,今の君たちは,まずはしっかりとした初心を持たねばならない,と結びました。DSC_0478

    3年生は数日後にセンター試験を控えています。1・2年生の皆さんも,1年後または2年後の自分をイメージし,気を引き締めて頑張ってください。

  • 2019年12月23日(月)

    校内課題研究発表会&かごしまの未来(あす)を語る会

    12月23日(火),校内課題研究発表会が行われ,その一部を三反園県知事が参観し,「かごしまの未来(あす)を語る」座談会も合わせて行われました。参加したのは1・2年生全員。

    午前の部,理数科課題研究6班のステージ発表。まずは情報班。

    DSC_0019

    数学班。

    DSC_0028

    化学班。

    DSC_0033

    物理班。

    DSC_0036

    4班の発表が終わったところで,三反園知事が到着。

    DSC_0045

    地学班。三反園知事は最前列の席で参観されました。

    DSC_0061

    生物班。後半の2班はすごいプレッシャーだったと思います。

    DSC_0075

    発表後,地学班と生物班は三反園知事からインタビューを受けました。地学班の宮本君,ガチガチに緊張しているのが伝わってきます。DSC_0095

    生物班も緊張気味です。

    DSC_0100

    続いては普通科生徒による「私が県知事になったら」。これは純心女子大学で行われた英語プレゼンテーションコンテストで発表したものです。鹿児島県をよりよくするための様々な提言を英語で行いました。知事の前で発表するのは勇気がいります。

    DSC_0106

    このチームは随分にこやかにインタビューに答えていました。

    DSC_0119

    続いて「かごしまの未来(あす)を語る」座談会。次々飛び出す生徒からの質問に的確に答えてくださいました。DSC_0129

    DSC_0145

    生徒会長からお礼の言葉。

    DSC_0181

    三反園知事を囲んで記念撮影。

    DSC_0196

    三反園知事,お忙しい中ありがとうございました。

    昼食をはさんで,午後は普通科2年生の課題研究ポスター発表。1年生は発表を聞いてコメントを書き,「Good Job」欄に貼り付けていきます。DSC_0200

    DSC_0204

    発表する2年生も,聞いている1年生もみんな真剣です。

    DSC_0205

    DSC_0218

    DSC_0225

     

    DSC_0233

    DSC_0239

    DSC_0243

    DSC_0244

    DSC_0246

    DSC_0247

    DSC_0249

    DSC_0252

    DSC_0256

    DSC_0261

    DSC_0279

    国分高校生の課題研究の「本気度」を感じていただけたのではないかと思います。

    理数科2年生もポスター発表に参加しました。化学班はできあがった酢を手の甲に一滴垂らして,試飲(試しなめ?)をしてもらっていました。そういう意味ではポスター発表向きかもしれませんね。DSC_0227

    3年生は授業中ですが,7月に行われた「CASTIC」でグランドアワード1等を受賞した3年生2人は特別に参加しました。ポスターの作り方や発表の仕方など,1・2年生にとっては大いに参考になったのではないでしょうか。

    DSC_0286

    冬休み明けの1月末には,SSH成果発表会も行われます。今日質問されたことやいただいたアドバイスを活かし,さらに研究に磨きをかけて臨んでください。

    1・2生の皆さん,お疲れ様でした。