グローバル サイエンティスト アワード ”夢の翼”で普通科生徒が入賞!

公開日 2020年01月06日(Mon)

10月27日(日),城山観光ホテルでホテルで行われた「グローバル サイエンティスト アワード ”夢の翼”」に普通科2年自主ゼミの3班が出場しました。

抜け殻班,「セミの抜け殻は語る」。校内のセミの抜け殻をすべて採集し,種類や雌雄による発生消長の違いやセミの羽化数と気象条件との関係を調べました。IMG_3811

シジミ班,「国分平野はほぼ占領?」。国分平野における外来種タイワンシジミの分布,生息状況について調べました。IMG_3812

雑草班,「ヒトの影響を大きく受けている場所の外来植物」。近くの国分寺跡(400m)における外来植物の現状について調べました。IMG_3816

表彰式。

抜け殻班が「株式会社ソラシドエアー賞」を受賞しました。前列右から4番目ですね。おめでとうございます。夏の盛りに毎日1時間以上かけて校内のセミの抜け殻を全て採集するという大変な作業が報われましたね。

IMG_3823

まだまだ経験は浅いですが,このような発表会を通してプレゼン力がどんどん向上しているのが分かります。入賞できなかったチームにとってもいい経験になりました。IMG_3828

国分高校SSH事業の要である普通科課題研究にとっても,大きな一歩になりました。